住居確保給付金の申請承ります。実質家賃0円も可能です。

 

国や自治体が様々な給付金や助成金制度を設けていますが、あなたは何か活用されていますでしょうか?

国、自治体のホームページを覗いてみても書いてある事が難しくて良くわからなかったというお話を耳にしました。専門用語が並び、固い文章を読んでいて億劫な気持ちになったりする事ってありますよね。

持続化給付金や雇用調整助成金、家賃支援給付金、学生支援緊急給付金など色んな制度がこの度発表されております。

今の世の中で安心して生活をしていく為に必要としている方にご利用出来る制度があれば活用して欲しいと思います。

弊社で運用させて頂いているシェアハウス、戸建て住居にお住まいの方にも新型コロナウイルス感染症の影響でこれまでの様に仕事が出来なくなり収入が減少したという方がいらっしゃいます。

引っ越しをしなくてはならないのに貯蓄も少ない・出来るだけ少ない額で引っ越しをしたい、家賃を抑えたいという方のお問い合わせも頂きます。

そんな方々に是非、住居確保給付金を利用していただきたいです。

住居確保給付金とは

離職・廃業から2年以内、又はやむを得ない休業などで
失業の場合と同程度に収入が減少した人(フリーランスの人を含む)で

住居を失う恐れが生じている方々について、
原則3ヶ月、最大9ヶ月、家賃相当額を自治体から家主さんに支給するという制度です。

京都市住居確保給付金は、1人世帯だと住宅扶助基準額(支給上限月額)は
40,000円となり世帯人数に応じて金額が増える仕組みとなっております。

支給される金額は、世帯全体の月当たりの収入額を基準額とし支給金額が調整されます。

書類作成のお手伝いいたします。

住居確保給付金を受ける際は、提出するべき定められた必要書類を揃えなくてはなりません。

この申請書類を提出する事が、大変だと思う方も多いと思います。

弊社が運用しているシェアハウス、戸建て物件などに現在入居されている方、
又これから入居される方に対し、住居確保給付金の申請に必要な書類作り、申請をご一緒にさせて頂きます。

スムーズに申請が出来ますので入居者様が煩わしいと感じる事もないと思いますので、
ご遠慮なくご相談下さい。

弊社運用しているシェアハウスに在住の入居者様も必要書類作りを弊社がご一緒にさせて頂き
住居確保給付金の支給を受けて家賃をお支払い頂いております。

この状況はいつまで続くかわかりません。

まずは一度、ご連絡くださいませ。